即日キャッシングのデメリット

即日キャッシングは最短30分ほどでお金を借りる事ができる非常に便利な商品サービスですが、そんな即日キャッシングも当然良い事ばかりな訳ではありません。まずよく言われるのは即日対応を行っている代わりに若干通常の商品より金利が高くまた限度額が低いという事です。ただしこれは前述の通り融資額や融資期間によっては殆ど気にならない項目なのでデメリットとは正直言いがたいと思います。では即日キャッシングのデメリットとは何なのか、それはあまりに早く融資を受けられる為商品を見比べる時間がない事にあります。


即日キャッシングの難点

通常キャッシングを利用する場合融資までにかかる時間はもちろん金利や限度額、近くにある利用可能なATMや提携銀行口座、無利息期間の有無や収入証明提出不要サービスの有無等、キャッシングの様々なスペックやサービスを比較し時間をかけて自分にとって最適な商品を選びそして申し込むのが普通です。しかし即日キャッシングの場合申込みから融資までの時間があまりに短い為、申込み後色々見ていてより優れた商品を発見した場合でもキャンセルが効き辛い事があります。もちろん早く借りられる事それ自体は何にも変えがたい最大の長所ではあるのですが、同時にこのようなデメリットでもある事を覚えておきましょう。 デメリットに注意

特に一人のユーザーが申し込めるキャッシング会社の数や利用できるキャッシング会社には限りがある為、よほど急ぎの場合ではない限り本来軽率にキャッシングを申し込む事は避けるべき事です。少しスペックが悪いくらいならまだ良いのですが、即日融資にあまりにも固執したが故悪徳金融機関に申し込んでしまった場合最悪です。無審査や利息無しといった他の商品と比べ明らかにオーバースペックな商品の大半は悪徳金融機関であり、それらと契約を結んでしまった場合法外な利息を求められる、何時までたっても完済しない、支払いが滞ると強引な催促を受ける等の可能性が想定されます。どれだけ急ぎでお金が必要な場合でもこういった悪徳金融機関にだけは決して申し込んではいけません。


大手キャッシング会社を利用する事

悪徳金融機関を見極める方法は会社の登録番号を紹介する等いくつかあるのですが、そんな事を全ての会社に対して行っていたのではどれだけ商品そのものの融資速度が早くても申し込む頃には日が暮れて即日キャッシングそのものが難しくなってしまいます。しかし即日キャッシングを利用すれば悪徳金融機関に引っかかってしまう可能性も…このような不安がある場合大手金融機関の即日キャッシングを利用する事をお勧めします。特にテレビCMや広告などメディア露出を行っている金融機関は監査の目が行き渡りやすく少なくとも貸金業法の範囲内で運営を行っている事は間違いありません。「即断即決できる」という意味で安全性において確実な大手は即日キャッシング向きですが、さらに提携ATMや提携銀行の数が多く融資を受けやすいという意味でも大手は優れています。(>借入はやっぱり即日審査キャッシング)大手キャッシング会社から即日キャッシング先を選ぶ事で概ね即日キャッシングの持つデメリットはカバーできると言ってもよいでしょう。

即日キャッシングと連動銀行口座